「社会人・プログラマー」になるための準備

HALは、内定が決まった皆様に、入社日までの時間を活用して、「社会人・プログラマー」になるための準備をしてもらいます。
入社日である4/1時点でどうなりたいのか?の目標を決定し、そのための手段を考え、それを着実に実施していきます。
また、その際には、HALの先輩プログラマーたちがアシスト+フォローをしていきます。

4/1に「社会人」になるための準備

自分自身の3年後の目標を作っていただきます。

まず、3年後にどうありたいのか?そして、そうあるためには何ができていたらなれるのか?を自分自身で考えてもらいます。
そして、3年後の自分になるためには、1年後、半年後、どうあれば、良いのか?、そして「今」何をしたらよいのか?を考えてもらいます。
もちろん、代表や先輩社員からアドバイスをしますが、自分自身で、とことん突き詰めて考えて、自分がどうなりたいのか?を想像し、目標を立てるという非常に良い訓練になっていると考えています。

4/1に「プログラマー」になるための準備

研修担当社員(2013年4月入社の方の担当は、この業界18年の大先輩)に現状の技術力を正確に伝えてもらいます。
そして、4/1に必要な技術力は何か?どのレベルが必要か?を一緒に考え、決めていきます。そして、それを目標にします。
次に、その目標を達成するための手段を明確にします。
たとえば、2013年入社の黒川君は、phpの技術力を身に付けるために、卒業論文をHALの研修担当社員と一緒に作成しました。
週に一度(約2時間)のskype会議、メールでの進捗共有や質問を繰り返すことによって、着実に力をつけて頂きました。

2013年入社 黒川新の内定者研修についての生の声

・プログラムの技術・知識が増えるのが実感できた。
・友達にプログラムの相談をされるようになった。
・学校では設計書を作らないので、最初はどう作ればいいのかがわからなかった。
・いまでは、設計書を一人で作ることができるようになった。
・スカイプ会議がなければ、バレーボールのアプリをwebで作成するという発想が出てこなかった。
・システム設計やDB設計等の実務に即した勉強ができたことがよかった。
・土日を挟んで作業をしているので週に1度の打ち合わせがリズムになって、ちょうどよかった。
・この研修中で一番大変だったときは平日毎日3時間、土日も終日使っていた。
・uploadしてデータを保存する機能を実装するところが一番大変だった。
・達成感をすごく感じた

Q.HALで働く魅力を教えてください

「挑戦」と「追求」ができること

長井太甫(新居浜高専卒業)

普通の開発なら、既存の定石通りに作ってしまいがちですが、私たちは新技術にも挑戦します。「仕様どおりにつくる」というだけではなく、「より良いものをつくる」という追求心が開発者全員にあります。これぞ真のエンジニアといえるでしょう。

健康な食事ができること

黒川新(香川高専卒業)

月に何度かHALランチというものがあり、社員みんなで一緒に昼食を食べています。野菜中心の料理で、いつも美味しく頂いています。ランチの日は余ったお米や野菜を持ち帰る事ができ、大変助かっています。

個性豊かな「チーム」なところ

大塚志穂

みんな得意分野が違うので、お互いが得意な部分を認め合い共存することで、チームとして成果をだすことができます。また、弱みではなく、強みにフォーカスしてくれるので、自分に不得意なところがあっても、気にしてないですね(笑)
HALでは、誰かに助けてもらえばいいですから。

二次請けの案件がないこと

桃原孝博

これまで働いてきた会社と違うのは、二次請け、三次請けの案件がほぼないこと。それから、ただ受注するだけでなく、お客様と一緒にプロジェクトを進めているので、そこに信頼関係が生まれ、長くお客様とお付き合いができるのが、HALがいいと思える点です。

風通しの良い職場環境であること

増田洋子

思った意見が言いやすい環境は、とても魅力だと思います。現在子育て中なのですが、子育て状況に応じて柔軟に対応してもらえることは、とても助かっています。

自分だけの「チカラ」を活かせること

古田絢子

HALには色んな人がいます。一筋にプログラムを書くことが好きな人、ロボットを作りたい人、お客様とのやり取りが得意な人。HALでは、そんなあなただけの「チカラ」を応援してくれます。自分の得意なところをHALで、どこまでも伸ばしてみませんか?